八ヶ岳で木の家を作っています

tel tel

山梨県北杜市・県道28号線沿い・八ヶ岳高原大橋下る

ロケットストーブ見学(キッチンオハナさん)

     2021/02/28

 近頃ネット的にも、またメディアやリアルな仕事周辺でも薪ストーブが「来てる」のをひしひしと感じます。
 最近お会いした住宅業者さんお二人、ここ数年建てた家の薪ストーブ導入率はいずれも100%だそうです!
 一方でマイナスな話も色々と聞きます。
 管理がめんどい、薪代がかかる、薪が場所を取る、温まるのに時間が掛かる・・・
 とりわけ、薪の入手が年々困難になってきているようです。

 そこで、薪ストーブよりも熱効率が優れていると言われるロケットストーブが、最近ますます注目されています。
 そこで今回は、本ブログで4月11日に書いた、山梨県北杜市長坂にあります、「キッチンオハナ」さんの訪問記に、新たな写真とリンクを加えて加筆致しました。

◇◇◇◇2013/4/11 本ブログより加筆◇◇◇◇

 昨日は、自宅から1時間ほどの山梨県北杜市長坂にあります、「キッチンオハナ」さんにお伺いしました。
 目的は、この店で本格的に導入されたロケットストーブの見学です。
「ロケットストーブ」というのはまだまだ認知度は低いですが、熱効率の良さと自作できるという点で、一部マニアの間でブームになりつつあります。

 ちょっと分かりにくい場所ですが、古いお堂の隣なので一応目印になります。
HPの案内に従って行くと、ありました!可愛らしい看板♪

 問題のロケットストーブはというと、店内に入るやいなや、ただならぬ存在感を漂わせています。

 時期が遅かったのでもう使用していなかったのですが、ストーブ目当てで来たことを言うと、わざわざ焚き付けをしてくれました。(親切!)

 このロケットストーブ、何と言っても一般人でも自作できるのが大きな魅力なんですが、こちらの場合は専門家も色々とアドバイスしたうえ、店主さん自らもかなり研究して参加して作られたそうです。
ちなみに、このロケットストーブが作られた経緯がキッチンオハナさんのブログのカテゴリ「ロケットストーブ」に詳細にアップされています。

中の構造はそちらを見て頂くとして、外側は鉄の作家の作品で、リスや小鳥などが止まった木をイメージした鋼板になっています。

天板上にはタマゴを守る小鳥が。こんなのがブリキ(?)で作れるなんて、凄いですね。

 薪ストーブでは縦引きの断熱された煙突により、強烈な上昇気流(ドラフト)を発生させて煙を煙突から排出させるわけですが、ロケットストーブでは煙突を横引きし、その横引き部分をベンチの中や、床下を這わせ、韓国のオンドルのような効果を発揮しています。
写真左の赤いベンチは煙突の上に泥などを塗り重ねて最後はモルタル仕上げしてるみたいです。
この、「煙道からも暖をとる」というのが、ロケットストーブの最大のポイントのような気がします。

入店したときは結構お客様がいて忙しかったのですが、ランチタイムが過ぎて落ち着いたあとは、本体や煙突の構造、製作したときの流れ、燃焼の仕組みなど、色々と教えてく頂きました。
またロシアのペチカとの併用の可能性にも言及されていました。

ちなみに食べたのは、20食限定の「おひさまプレート」。玄米、お茶付きで¥1200です。、最近ブームになりつつあるマクロビオティックの考えに従い、玄米ごはんと野菜中心のメニューで、とてもヘルシーでおいしく、食べ終わったあともお腹がすっきりして、すっかり健康気分!

お目当てはロケットストーブでしたが、古民家の居心地のよさ、料理、そして「もてなし」の心が伝わってくる、とても素敵なお店です。八ヶ岳、清里方面にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 -あれこれ|from 村浜 卓司

  関連記事

レンガ製ロケット・ストーブ見学 (軽井沢のカフェ「だぁーちゃ」さん)
森林・林業セミナー4日目
森林・林業セミナーが受講できることに!
森林・林業セミナー(育苗、造林)
手作りポスト
剥がれないアスファルト・シングルの裏紙を剥がす方法
ミニログハウスBIG BOXバロB
キャンプ場バンガローの再塗装
屋久島 地杉はじめました!
丸ノコで木の端部を鋭角に切る

ロケットストーブ見学(キッチンオハナさん) 八ヶ岳で木の家を作っています

Copyright©八ヶ岳むらはま工房,2013 All Rights Reserved.

PAGE TOP