八ヶ岳で木の家を作っています

tel tel

山梨県北杜市・県道28号線沿い・八ヶ岳高原大橋下る

サウナ小屋キット 高断熱性と薪ストーブによる本格サウナ小屋

     2022/06/23

ついに完成したお客様 第一号 サウナを使うために1から設計しました

電話お問合せは0120-521-169 八ヶ岳むらはま工房まで
電話は年中無休で、朝9時から夜9時ぐらいまで対応しています。
事務所から携帯に転送されるので、しばらくお待ちください。

昨年末、長野県茅野市の薪ストーブ会社、ケンズメタルワークさんからサウナ小屋キットの開発依頼をいただきました。

現在のところDIYでは難しく材工になるのですが、キット化することで現場の工事日数を大幅に短縮しました。
(通常1週間→3日程度)

床組の製作

まずは床パネルの製作、薪ストーブが乗るため、床根太の数を多めにしています。

床パネルと床枠

高温の水蒸気が充満するサウナ小屋のこと、本製品に構造用合板やOSBボードなどは一切使用していません。

床パネルの組立

壁パネルをならべて組み立てていきます。
試作品ではパインの無垢材を使いましたが、今後はサウナ専用の脱脂した無垢板を使用していきます。
壁内への湿気の侵入を減らすため、防湿フィルムが張られています。

屋根パネルの製作
壁パネルには断熱材が充填されています

壁パネルには熱気を出来るだけ逃がさないよう、断熱材が充填され、内側に蒸気の循環層、外部には通気層が出来ます。
断熱性と保温性に関しては、市販のキットと一線を画すレベルです。
よくサウナキットで満足な温度に上がらない、上がってもすぐ冷めるという話を聞き、両方を解決するキットを開発することにしました。

サウナといえば気になるのは換気扇。特に薪ストーブ式のサウナ小屋のため、換気は重要です。
とはいえ電気を引くのも大変なので、給気口を2ヵ所設け、壁の高いところに排気用の小窓を設けて自然換気としています。
(現在、樹脂窓は木製、給気口の位置も変わっています)

透湿防水シートと通気胴縁の施工

壁には透湿防水シートと蒸気循環層を施工します。
外壁にも通気層があります。

屋根板金の打ち合わせ

屋根は寿命、雪や埃のすべり、施工性、防火地域対応を考慮し、板金としました。
板金は単なるトタン板でなく、ガルバリウム鋼板の高耐久版であるSGL鋼板です。

まずは仮組してほぼ完成。
今回は焼杉を使用していますが、標準では無塗装品になります。
お客様での塗装になりますが、現場での塗装も可能です。

そして先日、ケンズメタルワークさんの工房に移築。
森の中のロケーションは最高です!

ドアは八ヶ岳の建具職人さんに作っていただきました。
(ドア下部の給気口は壁に移動してみたり、試行錯誤中です)
ドアは京都の茶室をイメージし、小さめになっています。
サウナの熱気を逃がしにくくするという意味もあるのですが、このドアの小ささが、中に入るとなんだか安らぎになります。

写真のドアは未塗装ですが、必ず内外ともに塗装が必要です。
取手は現在、外部は木製、内部は木の板になっています。

価格は材工で240万円+税の予定です。
構造体、断熱材、内外装材、脱着式ベンチ、屋根材、サウナ専用薪ストーブ、サウナストーン、煙突一式、遮熱板などがついています。
現地組立費、ストーブ設置費も込みです。

ただし、基礎工事、塗装工事は別途になります。


八ヶ岳むらはま工房 問い合わせページ

 -あれこれ, サウナ小屋キット, 小屋・タイニーハウス, , , , , , |from 村浜 卓司

  関連記事

セルフビルド体験会報告(千葉県柏市)
屋久島 地杉はじめました!
ハイド6北杜市K様
6畳ミニログハウスのキット搬入
ドイツの軽量藁土工法
長野県の森林計画制度
2×4の小屋 完成編
2×4のバイクガレージ
2×4の小屋
薪ストーブ、モルソー2110激安情報とログハウス・セルフビルド・スクールのお知らせ※終了しました
断熱材充填の様子
健康住宅の断熱材 パワーマックスとパーフェクトバリア

サウナ小屋キット 高断熱性と薪ストーブによる本格サウナ小屋 八ヶ岳で木の家を作っています

Copyright©八ヶ岳むらはま工房,2021 All Rights Reserved.

PAGE TOP