八ヶ岳からセルフビルドできるログハウスキットをお届けします!

tel tel

山梨県北杜市・県道28号線沿い・八ヶ岳高原大橋下る

ティンバーフレーム

20cm角以上の無垢材の柱、梁を様々な木組みや込み栓などを使用し組み上げる工法です。
自由にデザインできる外観、堅固な構造美を楽しめる内観。洗練された空間の演出ができるので、住宅としての需要が増えています。

ヨーロッパでは長く愛されている伝統工法

ログハウスの中でもティンバーフレーム工法は日本では馴染みが少ないかと思われますが、ヨーロッパでは長く愛され続けている伝統的な工法です。

建物に使用される木材は一辺が20㎝前後の太い柱や梁で構造されており、柱と梁の間を方杖により支えることでさらに強度を増したとても堅牢で頑丈な構造の建物です。

20cm前後の太い無垢材が特長

ティンバーフレーム

いわゆる木造軸組み工法ですが、20cm前後の太い無垢材が使用される点が他の軸組工法と大きく異なります。
また、日本の寺社や古民家にみられるものと同様にホゾとホゾ穴(凸凹)により組む工法で、太いそれぞれの材が がっしり組み合わさり、とても頑丈な構造となりますので地震等自然災害においても とても強い建物です。
主に角材を使用するティンバーフレームは、比較的メンテナンスのしやすい建物です。

何世代にも受け継がれ住まい続けられる堅固な工法

ティンバーフレームの堅牢な構造は、何世代にも受け継がれ住まい続けられる建物ですので、資源の有効利用においてもエコな建物と言えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ディンバーフレーム 八ヶ岳からセルフビルドできるログハウスキットをお届けします!

Copyright©ベストログ研究所 八ヶ岳,2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP