八ヶ岳で小さな小屋、木の家を作っています

tel tel

山梨県北杜市・県道28号線沿い・八ヶ岳高原大橋下る

別荘の色んな部分のメンテナンスおまかせください!

・古くなったウッドデッキを作り替えたい!
・デッキを増築したい。手摺のデザインを変えたい!
・テラス屋根の波板を張り替えたい。ポリカのおしゃれな屋根に変えたい!
・そろそろ壁を再塗装したい。長持ちする塗料に変えたい!
・古いアスファルトシングルの屋根を板金に変えたい!
・薪ストーブの調子が悪い、煙突掃除をして欲しい!
・汲み取り式の簡易水洗トイレを水洗トイレに変えたい!
・湿気が気になるので、床下環境を快適にしたい!

以上のようなことでお困りでしたら、まずは八ヶ岳むらはま工房にご相談ください。
無料で現場を確認し、お客様のご要望とご予算により、最適な提案をさせていただきます。

ウッドデッキの作り替え、増築、再塗装

腐食して踏み抜けていたデッキを完全作り替え

腐朽して床板を踏み抜きそうになったデッキ、実はその下の床根太はもっと腐っています。
危険でもありますので、15年、20年と経っているのであれば、解体して新しく作り直すことをおすすめします。
またそこまで劣化していないデッキであれば、再塗装で十分かもしれません。
この場合は長年の汚れを高圧洗浄で落とし、浸透系の油性塗料などを塗ります。屋根の無いデッキは劣化が早く、5~10年以内には、また塗装が必要になってきます。

テラスの作り替え

古くなった波板テラスの波板交換、再塗装などもお任せください。
またデザイン的に波板はイヤ!という方は、フラットなポリカ板を使用したテラスも可能です。
既製品のアルミテラスのポリカ板と抑え材を使用し、フレームは木で作ることも可能です。

デッキ、外壁の再塗装、屋根の葺き替え

築20年~30年の中古ログハウスなどを買った場合、まず目につくのは外壁と屋根材の劣化です。
美観はもちろん、劣化した屋根材は雨漏りをもたらし、建物の躯体そのものまで腐朽させてしまいます。
2階建てやロフト付きの大きな建物の場合、足場が必要になってきますので、外壁塗装と屋根葺き替えは同時に行うことをおすすめします。
屋根材がアスファルトシングル、コロニアルの場合、既存屋根を撤去せず、上から封じ込めてしまうカバー工法なら、解体処分費を節約することが可能です。

簡易水洗トイレを水洗トイレに

昔の簡易水洗トイレと便槽の組み合わせによる、汲み取り式のトイレを、水洗トイレと浄化槽に更新します。
便槽の管理は簡単ですが、満タンにならないよう、時々フタを開けてチェックしなくてはいけません。これはとても苦痛な作業です。
また便器自体も簡易水洗トイレから普通の水洗トイレに交換するため、臭気のもれも少なくなり、普通便座の場合、ウォシュレットなどの温水洗浄便座に変えることも可能です。
中古で買った別荘の場合、他人が長年座っていた便座というのも、あまり気持ちのいいものでは無いかもしれません。

既存トイレ、配管、便槽、グリストラップの撤去処分、浄化槽の埋設、浸透槽工事、便座の交換、配管の更新でコンクリートのハツリが無ければ、だいたい98万円+税になります。
ただし補助金申請の時期は北杜市の場合33万2千円の補助金が出ますので、浄化槽協会加入金や検査料も払ったうえで、実質の負担額は78万円ほどになります。
補助金申請の書類作成、手続きなどはすべて八ヶ岳むらはま工房が代行しますので、お客様はお振込み口座をお知らせ頂くだけで、補助金を受け取ることが出来ます。



別荘メンテナンス 八ヶ岳で小さな小屋、木の家を作っています

Copyright©八ヶ岳むらはま工房,2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP