八ヶ岳から北欧の素敵なログハウスキットをお届けします!

tel tel

山梨県北杜市・県道28号線沿い・八ヶ岳高原大橋下る

ログハウスのリフォーム

  

春から夏に掛けて、中古住宅を購入された方のリフォームの依頼が増えてきます。
今回は北杜市小淵沢にて中古のポスト&ビームのログハウスを購入された方からのリフォームの依頼。
1Fが16坪、ロフト付きの素敵なログハウスです。

築24年ということもあり、デッキ、外壁ともにかなり傷みが来ています。

メインはリフォームには多い、屋根工事と塗装のセットです。
(どちらの工事も足場が必要なので、同時にしたほうが得なのです)

足場はこのぐらいの大きさなら仮設トイレ込みで30万ぐらいなのですが、写真のとおり屋根の張り出しが大きいため、ステージ3枚敷きということで、6万円ほど追加になってきます。

あとに残らない物にそんな大金が・・・という感じですが、まあ足場無しでは出来ませんし、ハシゴと脚立でやったら、もっと人件費が掛かったうえ、仕上がりのレベルは下がるでしょう。


今回の屋根工事は、既存屋根のアスファルト・シングルを撤去せずに上から張る、カバー工法を採用しています。これは例えば古いコロニアル屋根などアスベストを含んだ中古住宅の場合、高額な産廃処分費が掛からないので、節約になります。
もちろんアスベストの有無に関わらず、撤去処分費が掛からないので安くなります。
といっても将来解体となると、その時に費用が掛かりますので、先送りされただけなのでご注意ください。

屋根工事は勾配や形、煙突や天窓の有無などによって変わってきます。
こちらの家はかなりの急勾配と折れ屋根、煙突と天窓が2つ。
この場合、屋根工事は100万円を少し切るぐらいです。

塗装は丸太の部分は木部浸透系塗料、漆喰の部分はシリコン系塗料を上塗りします。
漆喰の上塗りももちろん可能ですが、高くなります。
こちらの住宅の場合、塗装は60万円程度です。
板金屋さん、塗装屋さん、共に大変忙しい中、なんとか予定を入れてもらい、完成しました。

自分で言うのもなんですが、税込200万円でまるで新築のようになりました!
なんとリフォーム後の写真は、googleアプリが頼みもしないのに勝手に色補正してくれました。
すごいぞgoogle! リフォーム前の写真は何もしないのに。
なおこちらのお宅では、他に波板張替、丸太の収縮で出来た隙間のコーキングもしています。
中古住宅を買われる方、そろそろ住宅のリニューアルをお考えの方、
ぜひ八ヶ岳むらはま工房にご相談ください!
メールはbuilderアットhome.email.ne.jp
090-5964-9213 村浜まで

 -現場便り||from 村浜

  関連記事

外壁再塗装の様子
外壁の再塗装と玄関のテラス
セルフビルドの山小屋
6畳のミニログハウス
自分で建てるミニログハウス
セルフビルド進行中
ハイド6北杜市K様
6畳ミニログハウスのキット搬入
ゴールデンウィークの営業
セルフビルド体験会
ツーバイフォーのバイクガレージ
セルビルド窓の取付
断熱材充填の様子
建物全体があったか布団のよう

ログハウスのリフォーム 八ヶ岳から北欧の素敵なログハウスキットをお届けします!

Copyright©八ヶ岳むらはま工房,2019 All Rights Reserved.

PAGE TOP